NEWSお知らせ

今日からできる腰痛対策

奈良県をはじめ関西一円で建設業を営む中村建設(株)のサチです。これまで、厚生労働省と労働災害防止団体が実施している「STOP! 転倒災害プロジェクト」を紹介しました。

■労働災害全体の4分の1が転倒災害です。Stop!『転倒災害』→https://8-nakamura.co.jp/2022-02-21/

 

今回は、今日からできる腰痛対策についてお届けします。職場でのぎっくり腰などにより休業(4日以上)となってしまう「腰痛災害」が多発しており、労働災害(休業4日以上の死傷災害)全体では、転倒や墜落・転落事故に続く深刻な問題となっています。

 

厚生労働省の国民生活基礎調査(平成25年版)によると、病気やけがなどで何らかの自覚症状を持つ人のうち腰の痛みを訴える人の割合が、男性では1位、女性でも肩こりに次いで2位になっています。

腰痛の要因

腰痛の要因は、「動作要因」「環境要因」「個人的要因」「心理・社会的要因」の大きく4つに分けられます。

 

  • 動作要因とは、重たいものの持ち運びや人の抱え上げといった人力による作業の腰へ過度の負担や繰り返し、立ちっぱなしや座りっぱなしのような同じ姿勢を長時間継続すること、前かがみの姿勢、急な荷物の持ち上げによる腰への負担です。
  • 「環境要因」は、車など乗り物による振動やクーラーなど効いた寒い場所、滑りやすい場所など職場の環境です。
  • 「個人的要因」は年齢や生活習慣、基礎疾患や慢性的な便秘や妊娠出産、筋力や体格によるものです。
  • 「心理・社会的要因」は、職場で人間関係のストレスがあることや周囲のサポートが少ないこと、仕事のやりがいが低いこと、腰痛に対する過剰な不安や恐れ感(恐怖回避行動)といった心理・社会面の問題も無視できない重要な因子であることがわかってきました。

治療法

西洋医学では、鎮痛剤、牽引療法や腰痛体操などの理学療法を行います。基礎疾患が原因の場合は、原因疾患の治療を優先します。

 

東洋医学は、レントゲン検査で異常がない慢性の腰痛に適しています。ただし、ぎっくり腰など痛みが強い場合は、西洋薬の鎮痛剤が良いでしょう。漢方薬と鍼灸を併用すると治療効果が高まり、再発予防も期待できます。

 

東洋医学では、腰痛は腎虚(腎臓・膀胱・生殖器・副腎などの働きの低下)や瘀血“おけつ”(血液の滞り)、水毒(むくみ)、冷えなどが関係していると考えます。腎(腎臓・膀胱・生殖器・副腎)や血の巡り、むくみや冷えを整える漢方薬を使って、症状を改善し、腰痛になりにくい体を目指します。

 

漢方薬

腰痛で使われる漢方薬を紹介します。

 

  • 「牛車腎気丸」(ごしゃじんきがん):腰痛で使われる代表的な漢方です。疲れやすい、手足の冷えやしびれを伴う腰痛がある方におすすめです。
  • 八味地黄丸(はちみじおうがん):むくみ、手足の冷えや夜間トイレが近い方におすすめです。
  • 桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう):腰痛がひどい方や冷え症の方におすすめです。
  • 芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう):痛みを和らげるために、使われます。こむら返りや腹痛を伴う方にもおすすめです。
  • 疎経活血湯(そけいかっけつとう):痛みやしびれを感じる方におすすめです。

 

腰痛のツボ

腰痛に効果が期待できるツボに「志室」(ししつ)というツボがあります。腰のくびれの少し上あたりにあるツボです。腎臓機能を活性化して腰痛の軽減に期待できます。腰がだるいと感じたら、志室にカイロを貼ると楽になることがあります。

 

腰痛の食養生

東洋医学では、医食同源という考えがあり、食べ物がもつチカラを使い、体を整える方法があります。腎を補い、血の巡りやむくみ、冷えを改善し、腰痛におすすめの食材を紹介します。

 

  • エビ・イカ:腎(腎臓・膀胱・生殖器・副腎)の働きを良くし、腰の冷えを温めます。
  • 小魚:骨を丈夫にする働きのほかに、「安神」(あんじん)といって心の不安を解消する働きがあります。
  • 大根:むくみ改善におすすめです。
  • 玉ねぎ:血の巡りにおすすめです。
  • 生姜:血液が良くなり、うつうつした気分も発散されます。ただし、食べ過ぎると体の中心部が冷えるので注意です。

 

食べ方としては、イカ大根の煮物(生姜を入れて)やイワシのつみれ入りのおでん、玉ねぎの味噌汁などいかがでしょうか。これを食べなきゃというより、今日のおかずに一品加えてみようと気軽な気持ちで作ってみてください。

 

おいしくて食べて、手軽に、簡単に腰痛予防できるので、働く体作りにつながります。体が整うと、気持ちもスッキリするので、仕事に前向きになります。体が楽になると、気持ちも軽くなるので、会話も弾み、円滑に仕事を進めることができます。

 

中村建設の取り組み

中村建設では、社員の運動不足解消とストレス発散のために、社内にトレーニングジムをつくりました。いつでも気軽に体を動かすことができるので、血流改善することができ、腰痛予防につながっています。気分転換になるので、コミュニケーションも取りやすくなり、仕事の質も向上します。

 

■社内のトレーニングオープンについての記事はこちら→https://8-nakamura.co.jp/05227/

■社内にあるトレーニングジムで運動中。中村建設の健康経営についてはこちら→https://8-nakamura.co.jp/202

■運動をはじめるコツはこちら→https://8-nakamura.co.jp/2022-01-26/

 

厚生労働省による転倒予防・腰痛予防の取組

■厚生労働省による転倒予防・腰痛予防の取組はこちら→https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000111055.html

■転倒・腰痛予防!「いきいき健康体操」の資料はこちら→https://lbp4u.com/images/kaisetu.pdf

■転倒・腰痛予防!「いきいき健康体操」の動画はこちら→https://www.youtube.com/watch?v=9jCi6oXS8IY

 

 

PAGE TOP