NEWSお知らせ

運動を始めるコツは、小さな一歩から。

奈良県をはじめ関西一円で建設業を営む中村建設(株)のサチです。

 

新型コロナウイルスをきっかけに、健康意識が変わった方が多いのではないでしょうか?経済産業省によると、テレワークにって感じる主な体調不調の1位が肩こり、2位は精神的なストレス、3位は腰痛です。テレワークやリモート授業などにより、体を動かす機会が減ったため、一人ひとりが運動する機会をつくったり、気分転換する方法を見つけることが大切になってきそうですね。

 

中村建設では、社内にトレーニング機器を設置し、いつでも運動できる場所を作りました。少し体を動かすだけでも気分転換できるので、気持ちも落ち着き、コミュニケーションを取りやすくなります。血流もよくなるので、肩こりや腰痛解消にもつながります。

 

■社内のトレーニングオープンについての記事はこちら→https://8-nakamura.co.jp/05227/

■社内にあるトレーニングジムで運動中。中村建設の健康経営についてはこちら→https://8-nakamura.co.jp/2021-10-01/

 

 

最近では、行政も健康づくりのためにさまざまな取り組みを行っています。奈良市では、独自の歩数計アプリを使って、生活習慣病を予防する取り組みをしています。アプリをダウンロードし、日常生活で6,000歩以上歩いた日ごとに奈良市ポイント健康増進ポイント5ポイントがもらえます。貯まったポイントは奈良市ポイント事業に基づき、特産品等に交換したり、加盟店で使えます。対象者は20歳以上の奈良市在住・在勤の方です。

 

日常生活で体を動かすコツ

これまで運動する機会が少ない方が、毎日体を動かす習慣を身に着けるのは大変です。まずは、無理のない範囲から始めることがおすすめです。

体を動かす小さな一歩①

歩数計をつける。歩数計を付けることで、普段の活動量を知ることができます。まずは、日常の運動量を知ることが大切です。

体を動かす小さな一歩②

ながら運動をする。例えば、テレビを見ながら、かかとを上下に上げる動きをする。湯船に浸かりながら、肩を回す。運動をするために、わざわざ時間を割くのは面倒な方におすすめです。

体を動かす小さな一歩③

一つだけ、変化を付ける。例えば、廊下を歩くときは、つま先歩きをやってみる。洗濯物をたたむときは、歌を歌って肺を鍛える。日常の動きに少し変化をつけるだけでも、気分転換になります。東洋医学では、肺と大腸は表裏一体の関係と考えるので、肺を鍛えると排便も促してくれます。

体を動かす小さな一歩④

ご褒美をつくる。奈良市のポイント制度のように見返りがあると、嬉しいですよね。歩くだけで、特産品がもらえたり、タクシーや習い事、飲食店などでサービスを受けられるのは、とってもお得です。モチベーション維持にもつながります!

体を動かす小さな一歩⑤

自分の新しいイメージをつくってみましょう。例えば、「本をたくさん読みたい」と望む代わりに、「私は一週間に一冊以上、本を読む人です」とはっきりと自分に言う。そうすれば、あなたのイメージがあなた自信を引っ張ってくれます。

 

■歩数計アプリで健康づくりはこちら→https://www.city.nara.lg.jp/site/otonanokenkou/63378.html

■奈良市ポイントはこちら→https://narapoint.jp/point/

 

体を動かすことは、生活習慣病を予防するだけでなく、メンタルケアにも効果が期待できると言われています。ただ、これまで運動する習慣ない人が、「明日から腹筋100回毎日するぞ!」と意気込んでも、三日坊主になりそうです。いっぺんに変えてやろうという欲は抑えて、明日からやろうという誘惑も振り切って、今すぐに実行できる小さな動きを入れてみましょう。

 

 

PAGE TOP