NEWSお知らせ

時代が人の多様性を求めている~

 

奈良県をはじめ関西一円で建設業を営む中村建設(株)のサチです。今回は、中村社長のコラムから「社員の経営者意識の習得方法」について、お届けします。就職活動中の学生のみなさん、しっかり自分磨きを続けていきましょう。

 

 

時代が人の多様性を求めている

今まで、幹部や幹部候補には研修などあったと思いますが、社員全員に教育を薦めている会社が幾つか出てきているようです。以前お邪魔した某大手商社では、常務が社員教育のやり方に対して幾つか質問されていました。その背景は、社員の質を上げなければ生き残れず、社員が経営意識を持つと持たないでは、結果は大きく違う。ただものすごく難しいと……

 

 

訪問先の新潟でも、県庁職員が行き詰まった状況を打破するために開催した民間企業との意見交換会では、意見交換というより県庁職員の経営意識の習得の方が大きかったのではないかという内容で、この会は継続して開催されているようです。他の行政でも、民間企業経営を知る必要があるため、行政マンに簿記の研修をしているところもあり、簿記試験の受験まで促してるようです。

 

 

このように、与えられたことに結果を出すことや、よりよい結果を出すためには、自分の分野だけを見ていては駄目で、外を知ればもっと違った答えが出てきます。そんな資質が、若い段階から求められる時代に入ったという現れだと思います。いずれにしても、向上心が自分の生き方を左右する時代に入ったことは言うまでもありません。権利の主張と上司批判をする前に、自分の立っているところは何処なのか客観的に捉え、どうすればレベルアップできるのか考えないとあっという間に自分の人生は終わってしまう時代です。

 

 

社会環境が悪いのではない、取り囲む人が悪いのではない、全てその状況を作っている自分が悪いのです。それに例外はありません。「人に頼るな、自分で切り開け」生きる道はそれしかありません。

 

 

≪就活に役立つ記事をまとめました≫

■就活で役立つヒント集→https://8-nakamura.co.jp/2021-09-08/

 

 

≪就活情報≫

■モノ創りを私達と共に生涯の仕事にしませんか?→https://8-nakamura.co.jp/20210818/

 

PAGE TOP