NEWSお知らせ

写真家 山崎エリナ氏写真集紹介 『インフラメンテナンス』『土木の肖像Civil Engineers』『トンネル誕生』 

奈良県をはじめ関西一円で建設業を営む中村建設(株)のサチです。

 

Communication Forum 2021「建設崩壊を防げ!〜真の働き方改革〜」5月24日開催』でご登壇いただく写真家 山崎エリナ氏。土木や建築をする「人」をクローズアップをした写真集は、中村建設では日常でもある土木・建設の現場の普通の人々がとても格好良く切り取られています。

 

かつては、「きつい」「汚い」「危険」の「3K」と言われてきたこともあり、よくないイメージがついたこともありましたが、土木は国の道路や橋、トンネル、公共施設等インフラを作っています。そこには、緻密に練られた計画があり、準備があり、重機があり、それを操る熟練の技があります。

 

土木現場は怖いイメージがありますが、それはちょっとしたことが大きな危険につながり、時には命に関わることにもなるからです。

 

新入社員へエール!採用・教育担当者からのメッセージ』でもお伝えしましたが、中村建設の新入社員研修では、自分の仕事に誇りを持ってもらうために、しっかりと「理念」を勉強します。現場に関わる人には誇りを持って仕事をしてほしいと思っています。また、誇りを持てる仕事だと思っています。

 

これからの若い人が土木・建築に興味を持ってもらい、たくさんの人が業界に入ってきてくれたらと願っています。

 

中村建設オススメ!山崎エリナ氏写真集

インフラメンテナンス 日本列島365日、道路はこうして守られる

トンネル、橋梁、舗装、除草、除雪、高速道路を守る人々の姿を丁寧に映し出している。通常、通行止めや深夜、トンネルの中など目に触れることがない現場で働く人々の真剣な姿や、仕事の合間に見せる笑顔など、インフラのメンテナンスに取り組み人々がコラムとともに映し出されている。

2019年4月初版発行 株式会社グッドブックス刊

(出典:Amazon)

 

(出典:Amazon.co.jp

土木の肖像 Civil Engineers

四季折々の自然の中で、インフラ補修、建築、災害時の補修などの現場に携わる「守り人」に焦点をあてた写真集。普通の「おっちゃん」たちの、その生活までも垣間見えるような人間味あふれるショットが季節ごとに描かれている。

2020年6月初版発行 株式会社グッドブックス刊

(出典:Amazon

トンネル誕生

トンネルの計画から貫通するまでの1年間を追った写真集。トンネルができるまでにこんなにたくさんの工程があり、人が関わっていることがわかる。山の神様に許しを請い、堀削、コンクリート打設を追う中でトンネルの遠くまで続く様、光るコンクリートなど、構造物の美しさを感じる。

2020年6月初版発行 株式会社グッドブックス刊

(出典:Amazon

PAGE TOP