NEWSお知らせ

受講者大募集!多様化する社会の建設投資を学ぶ「日本の未来に必要な インフラの整備」

奈良県をはじめ関西一円で建設業を営む中村建設株式会社のサチです。

今回は、弊社代表取締役社長 中村が理事を務める一般社団法人 和合館工学舎で開催される「国土学に基づく建設技術者教養講座④ 日本の未来に必要なインフラの整備」を紹介します。

日本の建設投資の現状

日本の交通インフラ投資は諸外国と比べて低迷しています。建設経済研究所と経済調査会によると、2022年度の建設投資額について、前年度比0.5%増の61兆9800億円になる見通しだと発表しています。また、2022 年度の景気は、ワクチンの普及や医療提供体制の拡充・整備により、感染抑制と経済活動の両立が期待されるが、原油高等の状況に注意を要するとしています。

 

このような状況を踏まえて、経済成長につなげるために必要な変化する社会に合う建設投資に関する考え方について学びませんか?

 

本講座は、大石久和先生(和合館工学舎特別顧問、国土学総合研究所所長)とDoboku Lab 代表 西川 貴章 氏(早稲田大学学生)の対談形式で行います。学生さんをはじめ、建設技術者、国土学に興味のある方のご参加をお待ちしております。

開催概要

  • 日時:令和4年7月28日(木)17時~18時
  • 受講料:正会員・準会員・賛助会員 1,000円/人、非会員 2,000円/人、学生 無料
  • 講師:大石 久和 氏(和合館工学舎 特別顧問、国土学総合研究所 所長)
  • 聞き手:Doboku Lab 代表 西川 貴章 氏(早稲田大学学生)
  • 対象者:若手建設技術者および土木工学を学ぶ学生
  • 場所:オンラインセミナー インターネット環境があれば全国どこからでも受講可能です。カメラをオンにして受講いただきます。
  • 定員:80名(定員になり次第締め切らせていただきます。)

■講座の詳細はこちら→https://wagokan.or.jp/news/seminar/20220622-715/

お問い合わせ

和合館工学舎 事務局

E-mail:office@wagokan.or.jp , TEL:022-272-3130

■HPはこちら→https://wagokan.or.jp/

お申込み

■インターネットからのお申込みはこちら→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSec0YGcxo0hDoPdc60_J5wsAUvtYURtv9kMbheW_ixJhJyLCA/viewform

PAGE TOP