NEWSお知らせ

「本当に美味しいイチゴを一年中届けたい!」植物工場の話。

奈良県をはじめ関西一円で建設業を営む中村建設(株)のサチです。

 

「いちごカンパニー」としての一面を持つ中村建設。「とろける香りいちご」として、大粒で甘いイチゴを栽培しています。

 

■ 「とろける香りいちご」の秘密 なかなか県外に出回らないブランドいちごを化学農薬を使わず、1年中栽培可能に

 

「本当に美味しいいちごを一年中お届けしたい」

と思う気持ちから閉鎖型植物工場でのいちご栽培はスタートしました。

 

イチゴが作られている閉鎖型植物工場では、

① LEDを使った人工光でのいちご栽培

② 植物工場でのハチを使った受粉システム

③ 化学薬品や化学農薬をつかわないので、洗わないでもそのまま食べられる安心・安全のいちご

の3つを成し遂げました。

 

天候の変化や気候に関係なく安定的に品質の均一ないちごがいつでも食べられるようになっています。

 

奈良県はいちごの生産が盛んな地域。今後、1次産業から6次産業まで事業として拡大していくことが期待できます。

 

農林水産省が2020年11月に日本の農業を主事業として行っている基幹的農業従事者が5年前から比べて39万6000人(22.5%)減ったと発表しました。閉鎖型植物工場はそんな農業の可能性を広げるものとして、中村建設は期待しています。

 

PAGE TOP