NEWSお知らせ

2021年12月11・12日【第10回Shining Cup】開催!by中村建設株式会社

奈良県をはじめ関西一円で建設業を営む中村建設(株)のサチです。

中村建設株式会社が特別協賛しているNPO法人奈良クラブとの共催で開催される第10回Shaining Cup開催のご案内です。

この大会は、12歳以下のJリーグチームを目指す奈良クラブの育成組織「奈良クラブアカデミー」と県内外の有力チームの24チームが参加します。優勝すると2022年度ワールドチャレンジ本大会出場権が得られます。

 

大会趣旨

本大会は、奈良県から初のJリーグチームを目指す奈良クラブの育成組織「奈良クラブアカデミー」が主催、「中村建設株式会社」が協賛するカップ戦。県内外のチームが競い合うことで選手、チームそして奈良県全体のレベルアップを目的とする。また、子どもたちが県内外の様々な人と交流する中でお互いに感謝し、リスペクトする精神を育む。

大会概要

  • 主催:NPO法人奈良クラブ
  • 特別協賛:中村建設株式会社
  • 協力:橿原市/橿原運動公園
  • 日程:2021年12月11日・12日(土.日)
  • 会場:橿原運動公園ヤタガラスフィールド(奈良県橿原市雲梯町323-2)
  • 参加資格:U-11(小学5年生まで)カテゴリーで8名以上の選手が所属している
  • チーム数:24チーム(参加チームは下記の通り)
  • 大会方式:【1日目:予選リーグ】3チーム(8グループ)による総当たり戦【2日目:決勝トーナメント】各グループ1位(8チーム)によるトーナメント【2日目:2位トーナメント】各グループ2位(8チーム)によるトーナメント【2日目:3位トーナメント】各グループ3位(8チーム)によるトーナメント
  • 順位決定:【予選リーグ】勝ち点制(勝ち3・分け1・負け0)で勝ち点の多いチームにより順位を決定する。勝ち点が同じ場合、①得失点②総得点③当該チームの対戦結果の順で決定する。項目が全て同じの場合はコイントスにて決定する。【決勝トーナメント】ノックアウト制とし引き分けの場合3人制のPKにて勝敗を決する。項目が同じ場合はコイントスにて決定する。
  • 優勝特典:2022年度ワールドチャレンジ本大会出場権
  • 表彰:優勝、準優勝、3位、中村建設賞(2位トーナメント優勝)、特別賞(3位トーナメント優勝)にトロフィー・賞状を授与
  • 審判:審判は3人制とする(主審は割り当て、副審は奈良クラブジュニアユース・ユース選手が行います)
  • 競技規則:①競技規則:令和2・3年度日本サッカー協会競技規則に準ずる。②競技人数:競技人数は8人とする。③競技時間:試合時間は15分-5分-15分とする。④交代:選手交代は自由とする(交代の回数制限はなし)。⑤警告退場:警告を2度受けた選手は次の1試合に出場できない。退場を命じられた選手も同様とし、その後の処置については大会本部で決定する。なお、グループリーグで受けた警告退場はトーナメントに持ち越さない。⑥ユニフォーム:色違い2色を用意(GKを含む)する。*ビブスも可。
  • 医事:負傷者の応急手当・医療機関への案内等は行いますが、その後の処置については主催者は一切責任を負いかねますので、予め参加者全員がスポーツ安全保険に加入していただきますようお願いいたします。
  • 参加費:15,000円(税込)
  • その他:応募多数の場合は、誠に勝手ではございますが先着順とさせていただきます。大会当日の会場、駐車場での事故・怪我に関しまして、主催者側は一切の責任を負いかねます。
  • お問い合わせ:Tel:0742-93-3815 Mail:academy@naraclub.jp 運営担当:上田耕司・加藤尚樹

 

参加チーム

RIP ACE SOCCER CLUB(大阪府) YF NARATESORO(奈良県) エコノメソッドスクール選抜  FCフレスカ神戸(兵庫県) 斑鳩FCドリームチップス(奈良県) ガンバ大阪ジュニア(大阪府) A.Z.R(滋賀県) 大阪市ジュネッスFC(大阪府) パルティーダ生駒FC(奈良県) ヴィッセル神戸U12(兵庫県) クレアールFC(奈良) デザフィアールFC(大阪府) DCMセントラル(滋賀県) MADRIDISMO(大阪府) 奈良クラブジュニア(奈良県) 石切東FC(大阪府) セレッソ大阪U-12(大阪府) バルサアカデミー奈良(奈良県) DREAM FC(大阪府) プリモ大阪(大阪府) ポルペニルカシハラ(奈良県) エストレアFC(大阪府) 郡山フットボールクラブ(奈良県) センアーノ神戸(兵庫県)

 

 

弊社代表の中村の挨拶

冬晴れが心地よい師走の候、皆々様におかれましては益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。

さて、この大会は『次世代を担う子供たちにスポーツを通じて、いつも周りの人たちへの感謝、尊敬の念を持って生活していくことにより、立派な大人に成長して欲しい』という【奈良クラブ】様の理念に感銘を受け、『人材育成が何よりも大切』という弊社の理念とマッチしたことにより、2013年5月に第一回中村建設カップとして産声をあげ、同年9月に『夢や希望溢れる少年少女達にとって輝かしい未来への道筋になるような大会になるように』という思いをこめ、公募により大会名をShining Cupと改めて毎年開催を続け、今回で第10回目の節目を迎えるに至りました。その間、沢山のチームに参加賜り、認知度もアップし今では今大会優勝チームには『ワールドチャレンジ』本大会の出場権が与えられるまでのイベントになりました。

このShining Cupがここまで継続できましたのは、弊社パートナーである【奈良クラブ】様をはじめ参加頂くチームの指導者の方々、保護者の皆様方、また多方面より協賛・協力を賜りました、関係者の皆様方のご尽力があってからこそであり、ここに改めて御礼申し上げます。

弊社は創業以来、地域建設業として地元密着を心掛け、『地域のまちづくり』に貢献し、各方面より厚い信頼を得て創業70年を超えることができました。現在は、個人も企業も多様性を追求する時代に突入し、弊社においても建設業だけでなく他の事業への取り組みを通じて、今まで以上に深く地域住民の皆様方とつながって行くことが、近未来の地域社会を形成する企業としての役割であると強く感じており、皆様と共に私たちが住む社会を、街を、元気で心豊かなものにしていくことを望んでおります。最後に、今回参加される選手の皆様、節目の大会に出場できるこの現実に感謝の意を表し、常日頃の練習の成果を正々堂々発揮され、この2日間を実りあるものにされるよう、大いに期待しております。

 

 

PAGE TOP